犬と猫

水虫が悪化してしまった場合の対処法

昔は水虫は男性がかかる症状といわれていましたが、近年では女性の発症率もあがっています。
本来であれば、ジメジメとした高温多湿の時期に最も増えると言われていますが、女性の場合はブーツを履く人が多いため冬場でも症状があらわれる人が多く、季節に関係なく水虫になる人が増えています。

そもそも水虫とは、白癬菌というカビの一種が、角質に寄生することにより起こります。
靴白癬菌は足だけでなく、体や手などにも感染しますが、足は靴や靴下を履いたりと蒸れる環境にあるため、足に発症する確率が高いのです。
水虫は発症する部位や症状により、様々な種類があります。
水虫の中で最も多いものが足白癬です。
足に発症するもの全体を指しますが、特に足の裏にできるものをさします。
そして爪白癬があげられます。
これは爪の部分に発症した状態で、完治するには難しいとされています。
その他に、指の間の皮膚がジュクジュクとただれたり、皮がむけたり、腫れたりする症状、足全体に小さな水泡があらわれるものなどがあります。

予防するための一番の方法は裸足でいることといえます。
靴の中は高温多湿の環境であり、菌の繁殖に最適な場所です。
乾燥しているところでは生きていけないので、裸足でいることが有効といえます。
水虫がなかなか治らないという時には、水虫が悪化している可能性があります。
水虫の原因は白癬菌ですが、何度もかかったり、なかなか治らない人は、悪化させるような生活をしていると考えられます。
同じ靴を何日も履き続けないように気を付けたり、靴の手入れをしたり、日常生活を見直す必要があります。
また悪化した場合には、早めに病院に行き相談することで、それ以上の悪化を防ぐことができます。
もし病院に行くのが恥ずかしいなど事情がある場合はフロリードDクリームのような薬を購入して早めに白癬菌を退治しましょう。
ただ、どの薬にも言えることですが、フロリードDクリームは使い続けることが重要ですので、完治するまで根気よく使い続けましょう。

あわせて読みたい記事